レイク 審査 銀行借入

銀行借入とは

銀行借入とは、国民生活金融公庫や銀行などから資金を借り入れる事を言います。
株式会社、個人事業主、自営業者などが銀行で借入れる事が出来ます。

 

まず、借入窓口に行き担当者に相談します。
窓口に行く前に電話をかけておくとさらに信用されます。
次に準備した書類を渡し、申し込みをします。
その後担当者とさらに細かい面談をします。

 

審査に合格すれば借入が可能になります。
金利は3%?5%です。
金利の決定の方法は銀行により多少違いますが、ほとんどが業績の良い会社や事業主、負債が少ないか、不動産を所有しているかで金利が決まります。

 

最近は、不動産がなくても、売掛債権、機械機器、商業用トラックや専門用の車なども担保と見なす銀行も出て来ました。
銀行に行く前に窓口担当者に何が担保になるか聞いておくと早いです。
また融資額が貰えるのは一ヶ月後なので、そのロスタイムの計画も入れておきます。

 

借入の申し込みには、申込書、謄本、決算書、借入状況、納税証明書、印鑑証明書が必要です。
また出来れば事業計画書と収支計画書も添えれば信用度がさらに増します。
借入を可能にするには、融資担当者に好印象を与える事が大切です。
言葉遣いや服装はきちんとし、そこの銀行で従業員の給料を払うなど、出来る限りその銀行を利用します。

 

会計情報を最低でも月に一回担当者に見せますと、さらに信用度が増し追加借入も可能になりますので、企業した年数が短い企業や個人ほど担当者とまめにコミュニケーションを取る事が大切です。