レイク 審査 銀行借入の必要書類

銀行借入のコツ:必要書類

銀行から事業資金を借入れる場合に用意すべき書類ですが、最低限の必要書類とは借入、申込書、謄本、決算書、借り入れ状況、納税証明書、印鑑証明となります。

 

但し個人が消費者金融のキャッシングサービスを利用するのとは異なり、事業性の資金の借入れは最低限の書類だけ揃えさえすれば、あとは自動的に融資が認められるという訳には行きません。
借入が認められるためには、銀行の融資担当者からの印象が良いほうが有利となります。
つまり、銀行が融資したいと思われるようにすることが重要です。
そのためには先述の必要書類に加えて、事業計画書や収支計画書を準備すると良いでしょう。

 

事業計画書には、事業の内容・今後の見通し・収支計画・損益計画(少なくとも1年分)を記載するようにします。
この事業計画書によって将来の売上げや利益を示せば、将来にわたり借入金の返済が可能であることの証明になります。
収支計画書では、会社の将来の収入・支出、返済予定を記載した表を示すことで、融資の返済が無理なくできることを証明できます。

 

事業計画書と収支計画書については提出しない会社も多く存在するので、逆にこれらの書類も提出することにより銀行の融資担当者に対して、融資することの安全性をアピールすることができます。
ですから、必要書類として求められていない場合であっても、事業計画書と収支計画書は銀行からの借入の可能性を高めるための手段として、面倒でもきちんと作成しておくようにしましょう。