レイク 審査 銀行融資対策

銀行借入のコツ:銀行融資対策

事業を立ち上げたときに、どうしても、個人の財源だけで足りなくて、銀行から融資してもらわなければならないことは、企業家の人には、経験のあることではないでしょうか。
しかし、銀行から借入して、融資を受ける場合、かなり厳しい条件になる場合があります。
特に、信頼できる企業ならともかく、新しく立ち上げた場合は、中々、難しいです。
今回は、その銀行からの借入のコツを紹介していきます。

 

まず、会社の資金繰り表を作成します。
そこで、どのぐらいの借入が必要になってくるのかを、きちんと把握します。
次に、返済財源を導き出します。
たとえば、目標としている売り上げの増加や、その収益金、また今後の取引や前倒しなど
返済にあてられる収入源を計算します。

 

そして、今度は、借入を受けた後の、予定の資金繰り表を作ります。
その後、借入のための理由を書面を作り、自分の会社の借入状況も調べます。
たとえば、プロパー融資や、保証協会、制度融資などです。
これらをきちんとしてから、実際に、銀行の窓口に行き、今度は、銀行の担当員に相談します。
その後、必要書類を提出します。

 

必要書類は、借入申込書、謄本、決算書、借り入れ状況、納税証明書、印鑑証明など、他に、最初に計算して出した、将来的な収入源などをまとめた、事業計画書や、将来の資金繰りの収支計画書などもあると、融資を受けやすくなります。
申し込みのあとは、融資担当者と、面談になり、この時に、担当者に詳しい事情と、説明をして、たとえ、一度、断れたとしても、諦めず根気よく説明するといいでしょう。
後は、銀行からの審査があり、それに通れば、無事融資を受けることが出来ます。

 

銀行からの融資を受ける場合は、難しいですが、きちんと対策をすれば、審査を通ることが出来るので、諦めずに、粘り強く交渉することが大切です。